山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

19世紀のウェスチングハウスと21世紀のウェスチングハウス

 東芝が巨額の赤字で断続的にニュースを騒がせている。その発端となったのが2006年のウェスチングハウス買収だという。

 そのニュースは私も覚えていてえらい高い金額で買収するものだと思った。一方、東芝の勢いは世界に広がっているのだなとも思った。それが現在賑わせている半導体事業の売却にまでつながるとは隔世の感がある。

 ところで、ウェスチングハウスの社名の由来は創業者の名前だそうだ。創業者のウェスチングハウスは実業家でもあり技術者でもあり、ニコラ・テスラを雇っていたという。直流を推すエジソンと交流を推すテスラの競争は科学史でも有名な話である。交流が普及していることは現代では自明だが、エジソンはあの手この手で交流のネガティブキャンペーンを行なったという。電気椅子による処刑を残酷だとし、「ウェスティングハウスする」 (Westinghousing) と呼ぼうとしたが定着しなかった。

 19世紀の話題と21世紀の話題にウェスチングハウスという名前が出てくるのは何やら不思議な気がする。奇縁があると印象に残るものだ。

  1. 2017/04/18(火) 23:39:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通勤途中にあるウラシマソウ

 通勤途中の階段にウラシマソウがある。

170412urashimasou.jpg

↑ウラシマソウ

 釣り糸がその名を示していて特徴的であり、島へ来て覚えたのですぐに気づいた。

 植物の名前をたくさん覚えられると森の中も歩いて面白いので、気になった草木は調べるようにしたい。

  1. 2017/04/17(月) 00:18:34|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑でサツマゴキブリを見た

 畑でサツマゴキブリを見た。

170415gokiburi.jpg

↑サツマゴキブリ

 サツマゴキブリはゴキブリだが、屋外にしかいないので嫌な思いはしない。見た目もゲンゴロウみたいで触覚も短くゴキブリっぽくない。動きも緩慢で飛んだりしないので落ち着いて観察もできる。虫の死骸とか食べて生きているのだろうか。

  1. 2017/04/16(日) 20:02:53|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑にアカメイモを植えてきた2017

 畑にアカメイモを植えてきた。

170415hatake1.jpg

↑耕し始め

170415hatake2.jpg

↑植え終わり

 島に来て、休日は寝るかアニメ見るかくらいしかしておらず、まあそれも悪くないのだが、何か体を動かす習慣は作っておきたいと思い、また畑を耕すことにした。島の知り合いにお願いして畑の一部を借りた。昨年の取りこぼしのアカメイモをもらい受けて植えて植えてきた。

 3時間ほど土を起こしたり、畝を作ったり、石灰を撒いたり、去年のアカメイモを掘り起こしたり、植えたりしたら疲れた。普段体を動かす習慣がないからだろう。来週以降も草むしりや他の作物を上に通いたい。何を植えよう。

  1. 2017/04/15(土) 18:09:46|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リコーがカメラ事業を縮小する

 リコーがカメラ事業を縮小するそうだ。

 リコーがカメラ事業を縮小すると、一部報道機関が4月12日報じた。「価格競争が激しい個人向けは撤退も含め検討し、経営資源を車載向けなど業務用に集中させる」という。

 報道に対し、リコーの広報室は「個人向けデジカメ事業からの撤退はない」と否定。「個人向けデジカメのラインアップの検討は考えている。(PENTAXブランドについてなど)具体的なことについては答えられる状態ではない。また逆に、今後注力するブランドについても、現時点ではお答えできない」とコメントした。

リコー「個人向けカメラ撤退はない」 報道を否定 - ITmedia ビジネスオンライン

 一部の報道で個人向けカメラ撤退の観測もあったようで否定している。

170413pentaxk-x.jpg

PENTAX K-X

 私は登山でカメラを使うことが多いので防水性能を第一の条件にカメラを選ぶ。そうするとオリンパスかペンタックスが候補に上がることが多い。しかし、いずれも想定されるほど利益が出ないようで、オリンパスは医療用機器へ力を注ぎ、リコーは上記のとおりである。

 選択肢が少なくなるのは困るのでいずれの会社にもカメラ事業は続けてほしいと思う。

  1. 2017/04/14(金) 00:02:12|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都内の銭湯の絵に富山が描かれているらしい

「マツコ&有吉 かりそめ天国」という番組を見ていたら都内の銭湯の絵が富山の絵に描き替えられているという話題を見た。

 富山湾の向こうに北アルプスの見える雨晴海岸付近の風景を遠景とし、手前に北陸新幹線が右から左へ走る様子を描いていた。

 説明によると、都内の銭湯の経営者に北陸出身者が多いことに着目した富山市が街のPRの一環で銭湯に立山の絵を描いてもらうよう銭湯の経営者に働きかけをしたそうだ。富山の絵を描いている銭湯が都内に9軒あり、そのうち6箇所が富山にゆかりのある経営者だそうだ。江戸の銭湯の下働きに北陸の人が多く、明治時代に人口が増えた際、北陸の親類を呼び寄せて銭湯を始めたために北陸出身者が多いと番組では説明していた。

151004toyama_09.jpg

↑雨晴海岸。天気がよければ向こうに立山連峰が見える。

 調べると富山市物産振興会が働きかけを行っているそうだ。

 銭湯の壁画といえば、富士山がおなじみだが、近頃、東京都内では富山県の北アルプス立山連峰の背景画が増えつつある。

 というのも、2014年度末の北陸新幹線開業を控え、2010年度から富山市物産振興会が富山ブランドを広く知ってもらおうと展開している「ホットして富山市PR事業」の一環で、都内の銭湯の協力のもと、湯船の背景のペンキ絵に立山連峰など壮大な自然を描いてきたからだ。

東京都内の銭湯の壁画に立山連峰が増えている! 仕掛人は富山市物産振興会 | マイナビニュース

 海の上に山が連なる様子は優美だし、三保の松原に浮かぶ富士山に劣らない。自然の風景に人工物の北陸新幹線が配置されていることに違和感はあるが、子供にはウケがいいかもしれない。富山市物産振興会もうまいマーケティングを思いつくものだ。

  1. 2017/04/13(木) 00:29:19|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原作とんたにたかし、漫画鈴木マサカズ「ダンダリン一〇一」

 もらったマンガ続き。原作とんたにたかし、漫画鈴木マサカズ「ダンダリン一〇一」を読んだ。

170409dandarin.jpg

↑原作とんたにたかし、漫画鈴木マサカズ「ダンダリン一〇一」

 労働基準監督署に勤める6年目の労働基準監督官・段田凛が名ばかり管理職の賃金不払いや労災隠しなどを摘発していく。会社を経営する側、雇われる側、1人1人に生活があって物語になっている。監督官は逮捕権の行使が可能とか船員の労働問題は国交省の船員労務官の仕事とか「へえ」と思う話題も出てきて興味深い。なお、一〇一は監督官の権限を規定する労働基準法第101条に由来するようだ。

 工事現場の安全管理について労基署の話を聞いたこともあるし、1度は労基署による実況見分に立ち会ったこともあるが、警察に比べると関わることが少ないように感じる。日本には必要とされる目安の半数しか監督官がいない(P. 301)とのことなので忙しいのだろう。日頃見ることの少ない人にスポットを当てた物語は面白いと思う。

  1. 2017/04/12(水) 00:32:47|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安野モヨコ「働きマン」

 友人にもらったマンガを読んだ。安野モヨコ「働きマン」を読んだ。

170409hatarakiman.jpg

↑働きマン1巻

 週刊誌「JIDAI」の編集者を務める松方弘子28歳。「世界的に売れる雑誌を作る、そのために30才までに編集長になること!」と目標を持ち、慌ただしい雑誌編集部で他の編集者やデスク、取材相手や恋人ともぶつかりながら仕事に打ち込む様を描いている。各話は「女の働きマン」「張り込みマン」など「○○マン」という名前で各話とも誰かを取り上げて松方弘子との関わり合いを書いている。

 ドラマみたいな仕立てで成功する人失敗する人、いろんな人間模様を描いている。ただ正直私は仕事に全力を打ち込むタイプではないから主人公に感情移入することは少ない。こういう実際に即した物語はドラマにしてわざわざマンガにしなくてもいいんじゃないかなと思ってしまう。実際2007年にテレビドラマになっているそうだ。

  1. 2017/04/11(火) 00:00:38|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花物語「するがデビル」

 ニコニコ動画で花物語「するがデビル」を見た。

 物語シリーズで発表されているうち、時系列で最後に当たる物語だそうだ。化物語シリーズのほとんどがアララギ君を主人公としているが、そのアララギ君は無事高校を卒業し、本作は1年後輩の神原駿河が主人公である。

 時系列で最後の物語であるが沼地蠟花という新しいキャラクターが登場し、神原と沼地との会話が今回の主な軸である。結局のところ、沼地がなぜ悪魔のパーツを集めていたのかよくわからなかった。人の不幸話を聞くのが好きというのはわかる。願いを叶えてくれる悪魔は不幸なできごとを減らしてしまうからというのはなんだか釈然としない。また、悪魔のパーツを自らに取り込む理由もないように思う。沼地が故障したのは左足だけでその他のパーツが問題なく動くなら預かっておくだけでよいだろう。結果的に神原の左腕は元の人間の腕に戻ったので神原にとってはよかったのだが。

 一方で沼地の行なっている相談はカウンセラーのそれとあまり変わらないような気もした。問題の本質をつかむことができれば問題の半分はほぼ解決していると私は思っている。問題が分かれば多くの場合解決方法が見つかるので最もよい解決方法を選ぶだけである。沼地に不幸話を吐露することで相談者自身が問題を整理してその本質を述べれば、あとは自分で解決するか時間が解決するかだろう。

 するがモンキー以降の神原はアララギ君のエロ奴隷としてのギャグ要素が多かったのでシリアスな神原は珍しいし、アララギ君も指摘する通り真面目だと思う。

  1. 2017/04/10(月) 00:33:19|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の日と除湿機による乾燥

 この週末も雨だった。

170409joshitsuki.jpg

↑除湿機で部屋干し

 先週末も雨だったし島はしょっちゅう雨が降っているという認識だが、これほど雨が多いと洗濯物も乾かない。除湿機を使ったが昼寝をすると口の中が乾く。部屋干しはなんとなくにおいがこもるような気がして好きではない。布団も干したいし晴れの日が待ち遠しい。

  1. 2017/04/09(日) 23:57:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ