島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

海底谷の生成原因が未解明

 2年前にも触れたが、三宅村図書館のある建物で三宅島付近の地図を展示している。

 私は地図を見るのが好きだが、その中に海上保安庁作成の海底地形図があってこれを見るのが面白い。三本岳や藺灘波島のような海面上に見える島以外にも海山がいくつかあるのを探したり、海山列を見てマグマのでてくるホットスポットとプレートの移動を想像したりするのも楽しい。

170604canyon.jpg

↑三宅海底谷と新島海底谷が並んでいる

 特に目を引いたのが海底谷である。まるで雨裂のようなV字谷が日本海溝まで続いている。海面下なので雨が削ったわけはない。昔地上だった箇所が海に沈んだとしてもあまりに深すぎる。

 ちょっと調べたが、海底谷の生成要因は未解明のようだ。地上で削られた谷が地盤ごと沈降した説と海面下で発生した乱泥流により削られた説が唱えられているがいずれも確証がない(Wikipedia嶋村清)。ちょっと海底に潜って試料を採取してくるとかボーリングしてくるというわけにはいかないので簡単には解明できなさそうだ。まだまだ海には謎が多いものだ。

関連記事
  1. 2017/06/14(水) 22:54:18|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<都議選に投票できない | ホーム | 某大学が御蔵島で遭難した白髭の滝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3712-bdb01afa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)