島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

もともと松島と呼ばれていた島が現在竹島と呼ばれている理由 - 有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」5

 竹島は日本の領土であるが、現在韓国が実効支配している。その歴史をひもとくと、昔に松島と呼ばれていた島が現在竹島と呼ばれていることが一因にあるようだ。

 隠岐で調べてみると昔の竹島は鬱陵島のことで、今の竹島は明治38年までは松島と呼んでいたことが分った。

有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」(集英社文庫,1984)P.284

 有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」にはこの経緯が文章で説明されているが、地図に落とさないといまいちよく分からない。そこで18世紀末ごろにこれらの島を測量した位置をGoogle Mapに落としてみた。

 西から並んでアルゴノート島、ダジュレー島、ホーネット島(リャンクール列岩)の3つがある。アルゴノート島は現在相当する島が存在せず、現在の鬱陵島の測量間違いだそうだ。ダジュレー島は現在の鬱陵島に相当し、ホーネット島(リャンクール列岩)は現在の竹島に相当する。

 もともと日本では西寄りにあった島(現在の鬱陵島)を竹島、東寄りにあった島(現在の竹島)を松島と呼んでいたため、シーボルトはアルゴノート島に竹島、ダジュレー島に松島の日本名を付した。

 1827年、アルゴノート島が存在しないことが判明しているにもかかわらず、陸軍参謀局は「亜細亜東部与地図」でアルゴノート島の位置に竹島、ダジュレー島の位置に松島を描いた。

 しかし、民間人は慣習として現在の鬱陵島を竹島と呼び、松島を松島あるいはリャンコ島、またはランコ島と呼んだ。結果として、鬱陵島を松島と書いたり竹島と書いたり混乱をきたした。

 1905年、政府は内務省訓令第87号により「北緯37度9分30秒、東経131度55分、隠岐島ヲ距ル西北85里にある島嶼」を竹島と命名した。

 間違いだけ抜き出すと以下のようになる。

  1. イギリス人が鬱陵島を測量間違いし、アルゴノート島という架空の島を作り出してしまった
  2. シーボルトがアルゴノート島に竹島、ダジュレー島に松島の名前をあてた。
  3. 1827年、アルゴノート島が存在しないことを知っていたにもかかわらず、陸軍参謀局は「亜細亜東部与地図」でシーボルトの地図と同じ位置に竹島、松島を配置する。
  4. 政府は内務省訓令第87号により、かつて松島、ホーネット島、リャンクール列岩などと呼ばれた島を竹島と名付けた。

 測量間違いによる架空の島というのは中ノ鳥島など他にも例があり、昔の人が船を動かし地図を埋めていったロマンを感じる。しかし、国境の問題の一因になる間違いはまったく面倒なものだ。

関連記事
  1. 2017/06/02(金) 22:46:13|
  2. 書評 - 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小笠原にみる領土の実効支配の過程 - 有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」6 | ホーム | 時流を読むことに長けた対馬の宗家 - 有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3700-263dee42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)