島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

御嶽山ケーブルカー運休中の分校開講

 御嶽山の子供はふだん山の下まで学校に通っているが、ケーブルカー運休期間中は山の上で分校が開校されたそうだ。

 楽しそうな話し声に振り返ると、学校へ向かう子供たちの楽しそうな姿に顔がほころぶ。時計は8時15分、いつもなら1時間以上前に見られる通学風景、始発のケーブルカーに乗るため足早に駅へ向うのだ。しかしそのケーブルカーは巻き上げ機更新のため約3ヶ月間の運休中。学校へ通えない子供たちのために、この期間だけ「御嶽学校」が復活したのだ。そのおかげで子供たちはゆっくりと登校を楽しんでいる。

 遡ること百余年、明治9年に開校し、多くの御岳山の子供たちを育んできた御嶽学校。昭和61年に2人の生徒を送り出したのを最後に閉校となってしまった。…(中略)…

 今回復活した御嶽学校は、分校の跡地に建てられた「ふれあいセンター」で開校され、小さなグラウンド(広場)や体育館もある。3名の先生が本校より派遣され、保護者が交代で先生の送迎をしている。…(中略)…

 子供達は、1、2、3年生が3名で複式学級1クラス、4年生4名と5年生2名は背中合わせに座り、前後の黒板で授業を受けている。…(後略)…

武州みたけ 第46号,武蔵御嶽神社編集,平成28年3月25日発行

 平成27年度、御岳山の都道で工事を行うのに地元と何度か打ち合わせする機会があった。ケーブルカーの運休の話はその際聞いたのだが、さらに波及する話として子供たちが学校に通えなくなる話も聞いた。

 どうしたのだろうと思ったが、先生の方を山に連れてきて臨時に分校としたようだ。納得。

TOKYO MXテレビの動画を見ると、普段は二俣尾にある青梅市立第六小学校に通っているみたいで、ケーブルカー、バス、電車の3つの公共交通機関を使って通っているようだ。それに比べれば同じ集落内で学べるのはずいぶん楽だろう。

 1時間以上かかると思うが、小学生のうちからそんな通学をしているとは驚きである。私は今の30分の通勤でも長いと感じるくらいなのに脱帽する。

関連記事
  1. 2017/03/27(月) 23:12:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国道16号の横田基地沿いのハクモクレン | ホーム | アニメ「けものフレンズ」を第11話「せるりあん」まで見た>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3636-4ec07d91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)