山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

称名廊下を突破したという記事

 称名廊下を突破したという記事が山と渓谷に載っていた。

170317shoumyourouka.jpg

↑該当の記事

 あまりにひっそりと成し遂げられたが、その偉業は日本の登山界に衝撃を与えた。長らく難攻不落を誇り、国内最後にして最大の課題といわれた称名川下ノ廊下。13年、3分割してそのゴルジュを解明した大西さんが16年10月、称名滝から立山源頭までを1本のラインとしてつなげた。

究極の渓谷登攀 称名川本流完全遡行の大西良治さんに聞く,山と渓谷2017年1月号P.216

 大内尚樹編「日本の秘境―人跡未踏?の秘境を訪ねる」でも取り上げたが、V字に切れ込んだ昼なお暗い谷は写真を見る限り両足で立つ場所は見当たらない。人間はおろかいかなる動物も通過することなど不可能に見える。

 しかし称名滝から浄土山まで13日間かけて単独で抜けたというから驚きである。登攀具は50mロープ、カム、ピトン。ピトンは全て回収し、ボルトは一切使用していないという。「下ノ廊下は登攀技術がカギですか」という問いに大西氏は以下のように答えている。

 クライミング技術でいえば、難しいところで5.11台程度かなと。12、13台が登れれば十分じゃないですかね。下ノ廊下の難しさはむしろメンタルです。晴れていても谷には日が差さず、強風、極寒。まずその過酷な環境に耐えられないと。それから、水際のトラバースは落ちられないし、ゴルジュは雨が降れば増水して閉じ込められてしまう。200mの側壁は高巻きもできない。

究極の渓谷登攀 称名川本流完全遡行の大西良治さんに聞く,山と渓谷2017年1月号P.216

 メンタルがカギであることを訴えている一方で大西氏は単独行で遡行し、沢中で2日停滞もしている。相当にメンタルが強い人だと思う。私は単独行で停滞したこともないし、停滞を要するような登山はパーティーで登っている。まさに驚異的な記録だと思う。

関連記事
  1. 2017/03/18(土) 00:00:29|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<羽村市動物公園にサーバルを見にいってきた | ホーム | 太平洋プレコン工業福生工場・多摩支店の廃墟>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3627-7e6ee295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)