島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

京都バス95系統とほぼ同路線のバスが毎日3往復する

 免許維持路線で有名な京都バス95系統とほぼ同路線のバスが毎日3往復するそうだ。

 京都の有名観光地・大原~鞍馬間を年に1回、春分の日に片道だけ走ることから「幻のバス」としてファンに人気のバス路線に、18日から毎日3往復の定期便が<復活>する見通しになった。

春分の日に片道だけ走る「幻のバス」、定期便に : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 西武バスの小手03路線で知った免許維持路線だが、その中でも京都バス95系統は年に1回しか運行しないことで有名である。

170314kyoto95_1.png

↑京都バスの路線図。蔵馬と大原を結ぶ緑色の破線が95系統。

170314kyoto95_2.png

↑(春分の日のみ運行)というあまり見ない表記がある。

 95系統について踏み込んで取材している記事を見つけた。京都バスに聞き取りを行っており、95系統が免許維持路線であることを京都バスが認めている。

 まず路線の新設についてお話すると、国土交通省に路線を運行する申請をし、沿道の住民や警察と協議したうえでバス停の位置を決めるといった手続きが必要になります。路線をいったん廃止してしまうと、いざ復活させたい場合にこうした手続きを最初からやり直さなければなりません。

年1本しか走らないバス路線、なぜ存在? 背景にある「理由」とは(2/3) | 乗りものニュース

 大原と鞍馬の観光地を結ぶ土日の路線として走り始めたが、乗客が伸び悩み年に1回しか走らせていないそうだ。観光客の増から95系統とほぼ同路線のバスが毎日運行するということである。

 2017年3月18日(土)から、95系統とほぼ同ルートで大原~貴船口間に55系統を新設します。これは近年、特に貴船エリアを訪れる人が増えたために新設するもので、毎日3往復の運行です。ただ、95系統も引き続き年1回運行します。

年1本しか走らないバス路線、なぜ存在? 背景にある「理由」とは(2/3) | 乗りものニュース

 免許維持路線が役にたったということだろう。路線をとっといてよかったねと思う反面、煩雑な規則に人間が従った結果、年に1回しか走らない路線ができるというのは本末転倒にも感じる。雑誌のコードも同じだが、もう少しうまくいかないものだろうか。

関連記事
  1. 2017/03/15(水) 00:05:02|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世界のあちこちに燃え続ける火 | ホーム | 魚のダツが共通語と知った>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3624-0391c859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)