島ノ中ニ有リblog

島の生活をつづる

拝島と昭島の由来

 拝島と昭島の由来についても調べてみた。

 ハイジマは「榛島」であって、多摩川河岸などの島状になっている低湿地に、榛が生い茂っていたのを「はいじま」とよんだのではないだろうか。

保坂芳春「多摩の地名」(武蔵野郷土史刊行会,1980)P.246

 ハンノキと言われてもどんな植物か知らないが、河川敷に生える木なのだろう。八高線で多摩川を渡るあたりは河原が広く、木も多かったように思う。

 昭島については少し変わった経過をたどった合成地名だそうだ。

 昭島地域は、江戸時代は『新編武蔵風土記稿』によれば、郷地、福島、築地、大神、中神、宮沢、上河原、田中、拝島村に分かれていた。この九ヵ村が明治23年(1890)に九ヵ村組合をつくったが、明治35年(1902)に拝島村が独立してから八ヵ村組合となった。

 昭和3年(1928)この八ヵ村が合同して昭和村と改め、昭和16年(1941)町制をしいて昭和町となった。29年(1954)には拝島村と合併して市制をしいて昭和町の昭と拝島村の島をとって昭島市となったのである。

保坂芳春「多摩の地名」(武蔵野郷土史刊行会,1980)P.241

↑昭島市の全体図

 拝島村がいったんは九ヵ村組合に加わったものの12年間で独立し、52年後に改めて合併したということになる。拝島村が独立しなかったら九ヵ村市とか昭和市とかになっていたのだろうかとか、独立・合併したのが拝島村ではなく中神村だったら昭神市になったのだろうかとか、想像が膨らむ。

関連記事
  1. 2017/03/07(火) 00:01:35|
  2. 書評 - 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<smartには「細い」という意味はない | ホーム | 留浦(トズラ)という地名の語源>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3616-b95fca59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)