山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

製造途中のヒューム管

 ヒューム管が製造されている過程を初めて見た。

170122kannagawa_109.jpg

↑工場の敷地に並ぶヒューム管

170122kannagawa_110.jpg

↑型枠に入ったヒューム管

 神流川沿いを歩いたとき、東京コンクリート工業という会社の工場の横を通った。そこには様々なサイズのヒューム管が置いてあった。ヒューム管は円柱状の型枠にコンクリートを流し込み、型枠を回転させて遠心力で作ると聞いたが、確かに型枠は外側にしかなかった。内型枠を使うと内型枠を解体できず作れないからだろう。発明したヒューム兄弟は賢いと思う。

 ブンブン回転しているところを見てみたいが、どうやってコンクリートを入れて養生しているのだろう。

関連記事
  1. 2017/02/06(月) 00:03:51|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<関東における最大の激戦、神流川の戦い | ホーム | ガーラ湯沢と湯沢高原スキー場にスキーに行ってきた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3586-bded682b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)