島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

水資源機構の情報板に登場する「ダムマンガ」

 神流川沿いを歩いたとき、神流橋で水資源機構の情報板を見かけた。

170122kannagawa_076.jpg

↑神流橋西詰にあった水資源機構の情報板

170122kannagawa_075.jpg

↑ダムマンガのキャラクター

 1秒おきくらいに画面が変わっていたのだが、マンガっぽいイラストが表示されたのに驚いた。次の画面でマンガの名前が表示されたのでカメラで記録しておいた。「ダムマンガ」って安直すぎてマンガのタイトルには思えなかったが、調べたら「ダムマンガ」というタイトルのマンガがあった。

 ダムってどちらかという地味で一般の人の興味をひかないものだと思うが、漫画になるようなネタがあるのだろうか。でも「鉄子の旅」みたいなサブカルチャーをテーマにした漫画もあるからニッチな層でも売れたり、萌えから入る新規の客もいるのだろうか。

 水資源機構下久保ダムのwebサイトでは2015年7月24日付で「全国初!ダム防災用電光掲示板で、連載漫画のキャラクターが呼びかけます」と記事にしている。ダムとダムマンガの相性は当然良いのだろうが、役所にもノリのよい人がいたものだ。応用してダムと関係ないマンガのキャラクターを載せたって注目されそうだ。「あの花」と秩父の浦山ダムとか。

 インフラはあって当たり前、利用料金が安くて当たり前、供給が絶たれたり、料金が高いなんて論外、という認識になりがちだが、これからはインフラもうまくPRしていかないと、利用者の理解を得にくいだろうと思う。

関連記事
  1. 2017/01/27(金) 00:06:52|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松本に墓参りに行ってきた | ホーム | 神流川沿いで見かける太陽電池パネル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3574-a5b3d55a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)