山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

「気概」という言葉の「概」の字は木偏

「気概」という言葉の「概」の字は木偏と知った。

 感情に関わる言葉だからりっしんべんだろうと思い込んでいた。実際「慨」という字はある。しかし、「慨」は「なげく」または「いきどおる」という意味であり、気概という言葉とは意味が異なる。

きがい【気概】
困難を乗り越えていこうとする強い気性。進取の気性。「―に富む」「―を示す」
Mac OS付属の辞書.app スーパー大辞林
161217gai.png

↑Mac OS付属の辞書.app スーパー大辞林による「慨」

 しかし、なぜ木偏の概なのだろう。旺文社漢和辞典[第5版]によると「概」の意味は以下の通りである。

  1. とかき。ますかき。ますに盛った穀類をならすための棒。
  2. はかる。計量する。
  3. ならす。平らにする。
  4. おさえる。
  5. おおむね(おほむね)。だいたい。「概略」
  6. みさお。「節概」
  7. おもむき。「勝概」
  8. なげく。かなしむ。=慨。
  9. あらう。そそぐ。=漑。
旺文社漢和辞典[第5版]P.553、強調は原文まま

 これを見てもどれが気概の「概」に相当する意味なのかは分からない。日本語は難しいものだ。

関連記事
  1. 2017/01/04(水) 23:16:41|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<前穂高岳北尾根下山後の指先のしびれ | ホーム | MacOS SierraのSafariでSilverlightが動かない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3550-6efd4a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)