島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

中央道上り線小仏トンネル手前で左側車線がなくなる不思議

 中央道で藤野PAから小仏トンネルに向かうとき不思議に思っていることがあった。

 3車線の真ん中を走っているのに、いつのまにか3車線の左端を走っていて、小仏トンネル手前で車線減少により真ん中の車列に入れてもらわなければならないのだ。私は車線変更が苦手だし、車線減少のレーンをずっと進んで車列に割り込みするのも好きではない。大概、車線の増減は左端で行われるので、3車線の真ん中を走っていても割り込みみたいな真似をしないで済むと思うのだが、不思議であった。

 それを先日人に話す機会があって、これが原因じゃないかと返事をもらった。

161217lane.gif

渋滞削減のため、中央自動車道の車線運用を変更します~下り線元八王子地区と上り線小仏TN手前~ | 2014年2月以前のニュースリリース | プレスルーム | 企業情報 | 高速道路・高速情報はNEXCO 中日本から引用

 この車線運用は、小仏トンネル手前の登坂車線区間において、登坂車線を走行車線に変更することにより、現在の「2車線+登坂車線」を「3車線」へと変更するものです。 始点側では、追越車線の右側に1車線が付加されて3車線となります。終点側では、3車線の左側の走行車線が減少して2車線となります。 この車線運用に変更することで、右側に車線が増えるため追越しが容易になり、交通量が多い場合に速度の遅い車両などによる交通密度の高い状態を解消させ、交通の流れを良くし、渋滞の発生を抑制します。

渋滞削減のため、中央自動車道の車線運用を変更します~下り線元八王子地区と上り線小仏TN手前~ | 2014年2月以前のニュースリリース | プレスルーム | 企業情報 | 高速道路・高速情報はNEXCO 中日本

 なるほど、私のように何も考えていない運転手は遅いし、あまり追い越しもしないので左端車線に誘導すれば渋滞を緩和できるという考えであった。速くて追い越しをよくする運転手は必然的に右側の追い越し車線を使うので、気づけば真ん中ないし右側車線にいるということだろうか。

 合理的だが、理屈がわかるまで気持ち悪いのでもっとポスターなどで周知してほしい。

関連記事
  1. 2016/12/20(火) 00:03:23|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<J.S.Bach クラヴィーア練習曲集 第3部から“深い淵から”」BWV686 | ホーム | 石川台キャンパスに7号館が建っていた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3541-ebcde063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)