島ノ中ニ有リblog

島の生活をつづる

不思議の国のアリス症候群みたいな夢

 不思議の国のアリス症候群みたいな変な夢を見た。

 22日6:00ごろ福島県で震度5弱の地震があったとき、福生も揺れて私も起きた。しかし、まだいつもの寝ているときなので2度寝した。そのときの夢。

111113tamadoubutsu_20.jpg

↑多摩動物公園の象

 大きさが普通の10倍くらいある象がいて、土が掘られた空堀にとらわれていた。象は図体に見合わずジャンプして土壁を乗り越えようと努力するが、失敗して尻もちをついていた。空堀には人もいて象の下敷きになる人もいたが、見ている場所が遠くてよく見えなかった。

 私自身はこれまたずっと高い50mくらいありそうな板壁の上にいた。板壁は厚さ5cmか10cmほどしかないので、私は干している布団のように板壁に腹ばいにぶら下がって見ていた。なぜか訓練という設定で他にも1人並んでいた。手足がぶらぶらしているのでバランスを取ろうと動かすと頭の方から落ちそうになった。しかし、落ちずになんとかとどまった。もし落ちてしまったら落ちた衝撃で死んでしまいそうだし、生きていても暴れる象に踏んづけられてしまう。冷や汗をかいた。

 そのあと、波のあるプールみたいなシーンがあったがよく覚えていない。

 スケールに違和感のある夢は風邪をひいているときに見る気がするが、特に風邪はひいていない。何だったのだろうか。

関連記事
  1. 2016/11/23(水) 00:24:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<カメムシをよく見かける | ホーム | 吾妻峡が深い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3514-e76988a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)