島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

新田次郎「風雪の北鎌尾根・雷鳴」の各短編感想

 新田次郎「風雪の北鎌尾根・雷鳴」を読み終わった。各短編の感想を簡単に書く。「寒冷前線」「風雪の北鎌尾根」は別立てで感想を書いているのでそちらを参照のこと。

吉田の馬六
強力の馬六が稼いだ金を新しい妻に奪われる話。後味悪い。
霧の中
山で偶然会った男女が下界でまた偶然に再会する話。長編の第1章っぽいがそこで終わり。
寒冷前線
新田次郎「寒冷前線」参照のこと。
三つの遭難碑
北岳バットレス中央稜で死んだ3人の捜索費用の捻出に苦慮する山岳会の会長の話。1つの遭難碑を作ろうと思ったのに、大樺沢に赴くと遺族がそれぞれ遭難碑を建てていたという救われない話。
古城
スイスアルプスの古城に現れる幽霊の話。あんまり面白くなかった。
雷鳴
専門的な山登りとハイキングのプロセスのちがいに着想の妙を得たと裏表紙にあるが、単に女性を連れて山を歩くのに背伸びをして恥をかいたという話。
黒い雪の夢
就職して登山を始めた娘を持つ六城ふきは黒い雪が降る夢を何度も見る。娘がいずれ山で遭難死するのではないかと不安がるという話。結末は六城ふきにとって予想していない分、遭難死よりもショックが大きいかもしれない。
風雪の北鎌尾根
新田次郎「風雪の北鎌尾根」参照のこと。
モルゲンロート
津屋栄司は友人の結婚式で知り合った主人公の千穂にラブレターを送るなど熱心なアプローチを行っていたが、北鎌尾根を単独で縦走しようとして亡くなる。千穂は高校時代の友人の絢子、美津子、その従兄の柿崎順一と槍ヶ岳の見える山に向かう。千穂は大天井岳で津屋栄司からもらった手紙を誰にも見られぬよう焼いてしまおうとするが…という話。上の話とは違ってロマンチックな話。
雨の北穂小屋
北穂小屋の手伝い7年の鮎淵一雄ことアイちゃんが、何日も泊まる客の五瀬庄司の変わった言動に振り回される話。雨が上がることや遠くに見える縦走者の女が妊娠していることをどうやって看破したのかが明らかにされず歯切れが悪い。
牧草地の初雪
訳あって家を出ていたローゼが里帰りした際、村の若者が何人も求婚しようとする。ローゼには本命がいて何とかして2人だけで式をあげたいと試みる、という話。日本人旅行者が中立な立場でそのお手伝いをする。
チロルのコケモモ
スイスを旅行する日本人旅行者がドイツ人の新婚夫婦のケンカに振り回される話。バカップル勝手にやってろ的な結末。
風が死んだ山
双六池のテント場に水を飲みにくる幽霊の音をテント内のみんなが聞く。その真相を解明しようとするとある男の遭難死がわかり、集団催眠に陥った理由が明かされる。
関連記事
  1. 2016/11/14(月) 00:27:10|
  2. 書評 - 新田次郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アニメ「魔法少女育成計画」を見ている | ホーム | 小学校でのプログラミング教育必修化>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3505-dda78230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)