山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

北陸3県をネタにした漫画「北陸とらいあんぐる」

 北陸3県をネタにした漫画があるそうだ。

 北陸3県出身の女子高生3人を主人公にしたスクールコメディー漫画「北陸とらいあんぐる」(月刊コミックフラッパーで連載中)が11月、大手出版「KADOKAWA」からコミックス化される。

 福井、石川、富山の“微妙な関係”を映し出す人間模様や、「北陸あるあるネタ」が満載で、北陸の読者を中心に笑いを運んでいる。

北陸自慢合戦、漫画で熱く…「微妙な関係」共感 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 「ComicWalker」(コミックウォーカー)で1話と最新話が無料で見られるので読んでみた。

 女子高生3人を主人公にしているか「お前はまだグンマを知らない」のような辛辣な自虐ネタはなく、ほんわかとした雰囲気の漫画である。

151003toyama_02.jpg

↑北陸新幹線E7系

 富山県出身の「黒部りつ」は石川県出身の「加賀ひまり」が石川県出身と聞くと「どうせ石川は富山と福井のことを田舎だってバカにしてるんでしょ!」と敵愾心をむき出しにする。でも呉東の人はそうかもしれんけど、高岡に住んでいると古城公園や利長公の墓があるので、むしろ富山よりも金沢に親近感が湧く気持ちもある。

 8番ラーメンは入ったことがあると思うのだが、一体どこの8番ラーメンに入ったのか全く覚えていない。富山駅構内にあっただろうか。残念ながらCMにあるという「なんでやろ8番」というフレーズは知らない。私が高岡に住んでいたのは1989年から91年までの間だと思うので、民俗も相当に変わっているだろう。

 どうせなら言葉も訛り言葉にしてしまえばいいのに、と思うが、「なーん、そんなことないちゃー(いいや、そんなことはない)」とか「だらや、だら(バカだ、バカ)」とか書くと読んでいる方が疲れてしまうかもしれない。

関連記事
  1. 2016/11/12(土) 00:13:13|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小学校でのプログラミング教育必修化 | ホーム | NHKドキュメント72時間「北アルプス 天空のテント村」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3503-1104788a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)