島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

「盛り土」の読みは「もりつち」か「もりど」か

 「盛り土」の読みが「もりど」であることに疑問を呈する記事を見つけた。

 東京・豊洲市場で問題になっている「盛り土」の読みは、「もりつち」なのか「もりど」なのか。元首相の小泉純一郎さんからも質問が寄せられ、調べてみました。

盛り土の読み、なぜ「もりど」? 小泉元首相からも質問:朝日新聞デジタル

 土木工学ではこれを「もりつち」と呼ぶ人はいない。みんな「もりど」と読む。しかし、考えてみれば湯桶読みのような読み方で違和感を覚えるのも無理はない。私も新人のころ「土被り」を「つちかぶり」と読んで怒られた。「どかぶり」と教えられても違和感があったが、今ではすっかり慣れてしまった。

 調べてみると読み方はどちらでもよいようだ。Mac OS付属の辞書.app スーパー大辞林では表題が「もりつち」で作られ、「もりど」は「もりつち」参照するように書かれていた。

161030moritsuchi.png

↑Mac OS付属の辞書.app スーパー大辞林による「もりつち」

161030morido.png

↑Mac OS付属の辞書.app スーパー大辞林による「もりど」

 一般には「もりつち」が普通で、土木業界では「もりど」が使われているようだ。土木業界では「残土」「土のう」「土圧」のように「土」を「ど」と呼ぶ慣行がある。だから「盛り土」も「もりど」と呼んでいるのだろう。

関連記事
  1. 2016/11/01(火) 00:08:19|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カレー屋さんKC's DINNING | ホーム | 西之島の上陸調査が行われた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3494-e51347ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)