山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

父島でグリーンフラッシュが見られたらしい

 父島でグリーンフラッシュが見られたそうだ。

 小笠原諸島・父島の高台にある三日月山展望台で8日夕、太陽が沈む直前に緑色に輝く「グリーンフラッシュ」という珍しい現象が見られた。

父島で「グリーンフラッシュ」…観光客らが歓声 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 私も小笠原に行ったときグリーンフラッシュの話を聞いた。しかし、太陽が緑に見えるわけがないと思っていた。どうせ、太陽をじっと見ていて目に残ったために補色が見えるかげおくりみたいなもので、人間の感覚によるものだろうと思っていた。

IMGP0931.jpg

↑母島見た夕暮れ。グリーンフラッシュではない。

 しかし、新聞にも載っているように写真に写っているので人間の感覚によるものではなく、光学的なもののようだ。Wikipediaにはそれなりに説明が載っているが、図解がないのでイマイチつかめない。

 この時、赤から緑の色に分離した太陽が上下に少しずれながら重なり合って見えていることになるが、赤色の方がはるかに強いため太陽は赤く見える。しかし、日没や日の出の際に赤色の太陽が地平線、水平線、雲で隠された時、最頂部の緑色の太陽のみが見えることになる。この光が、大気のゆらぎによってまたたくものと考えられる。

グリーンフラッシュ - Wikipedia

 夕暮れ時の入射角のとき、大気がプリズムの役割を果たし、分光されるところまではわかったが、それが部分的に隠されたからといって緑色だけ残るものだろうか。そんな偶然あるだろうか、と思うが現象を説明するにはもっともらしい。

 世の中には不思議な現象がたくさんあるものだ。

関連記事
  1. 2016/10/24(月) 00:12:27|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<田部井淳子さんが亡くなった | ホーム | 浅田次郎「あなたに会いたい」の朗読>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3483-e2fe7a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)