山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

カリスマの語源

 カリスマ、という言葉の語源を調べてみた。

 人を惹きつけるような統率力のある人、というイメージだが、英語っぽくない。辞書での意味は以下の通り。

カリスマ
ドイツ・Charisma
神の賜物としての超自然的超人間的非日常的な資質能力。教祖預言者英雄などにみられる。M=ウェーバーは,このような資質をもつ指導者に対し人々が人格的に帰依する関係をカリスマ的支配と呼び,伝統的支配合法的支配と対照をなす支配類型の一概念とした。
Mac OS付属の辞書.app スーパー大辞林

 ちょっと難しいことが書いてあるが、「神の賜物」というからには宗教に関係した言葉のようだ。

 元来、ギリシア語の χάρισμα (恵み、賜物)は「神より賜った能力」といった意味で、「神の賜物、恩寵」として新約聖書などに用例があり、キリスト教の神学上の概念として用いられてきた。

カリスマ - Wikipedia

 日本では1999年に「現代用語の基礎知識」選出の流行語トップテン入賞語となっているカリスマ - Wikipediaそうで、なんでこんな宗教用語が日本で膾炙しているのだろうか。

関連記事
  1. 2016/09/29(木) 00:04:43|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マンネリの語源はマナーと同じ | ホーム | 19歳で世界7大陸最高峰登頂を成し遂げた女性>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3461-699f728f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)