島ノ中ニ有リblog

島の生活をつづる

家畜管理の効率化と観光資源としての活用・山梨県立まきば公園

 清泉寮を出た後、山梨県立まきば公園に行った。

160906makibakouen_03.jpg

↑県立まきば公園の牧場

160906makibakouen_01.jpg

↑ヒツジ

 広い公園で牛やポニー、ヒツジ、ヤギが飼われている。いくつかの場所は柵の中に入って動物に触ることができるようだ。しかも無料である。

 なんで県営なんだろう、と思ってパンフレットを読むと夏の間、酪農家から家畜を預かり、集約して放牧するためだそうだ。家畜管理の効率化と観光資源としての2つの目的があるように感じた。冬になれば観光客も来ないし、家畜は各飼い主に返されるし、うまい方法だと思う。

関連記事
  1. 2016/09/08(木) 00:03:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サルビア、オミナエシ、ギボウシ、タデ | ホーム | 小荒間の三分一湧水>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3439-5d82b030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)