島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

西餅「ハルロック」

 西餅「ハルロック」1巻を読んだ。

 小さい頃、ドライバーで何でも分解していた少女は高校時代、ひょんなことから電子工作に目覚めた。そして現在、キャンパスライフもそこそこに授業が終わればアキバのパーツ屋ジャンク屋へ!向阪晴、両親の心配をよそに電子工作エンジョイ中!

西餅「ハルロック」1巻裏表紙

 電子工作大好きなハルと、尊敬する小学生のうに先輩、ぼっちの女子大生小松さん、ハルに分解されたい工業高校生の真下君と変な人たちがたくさん集まっている。もっとふわふわした女子大生になってほしいお母さんが、買い替えたいのに壊れた家電を直されたり、新品のホームベーカリーを生ゴミコンポストにされたりする。ちょっとズレたハルと仲間たちが両親や友達を怒らせたり心配させたりする物語だ。

 私がそうだが、土木屋は電気が苦手だ。広く言うと目に見えない、触れないものが苦手だ。道路でも水路でも出来上がりが見えて触れるものなら理解できるのだが、コンデンサに電気を貯めてとか、ダイオードで整流してとか言われても全くイメージがわかない。目に見えないものを操れる電気屋さんは尊敬する。

 親父が断線したファミコンの電源ケーブルを直したり、手製で地デジ化を完了させたりするのを見るとすげえなと思う。

関連記事
  1. 2016/08/18(木) 01:16:56|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<列車の半自動ドアのボタン式が有利な点が思い浮かばない | ホーム | 山の難易度をレベル付けしたやまクエというサイト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3422-abafc45c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)