山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

東京近郊区間が松本まで拡大していた

 東京近郊区間が松本まで拡大していた。

160716tokyo-kinkokukan.jpg

↑東京近郊区間を示すJR時刻表

 東京近郊区間が広がると乗車区間によらず、最も安い経路で運賃を計算するという利点がある一方、途中下車が認められないという欠点がある。中央線方面は枝分かれはあるものの一本の路線なので経路の選択余地はなく、単に途中下車ができなくなるという欠点しかないように感じる。松本から普通列車で帰るのに甲府などで途中下車して飯を食べることができず不便さしかないと思った。

 調べたら2014年4月に韮崎以西の区間が東京近郊区間に組み込まれたそうだ。

 JR東日本の東京近郊区間が、2014年4月に中央本線松本駅まで拡大されることになりました。

東京近郊区間がついに「松本」まで拡大。最後は「南小谷」も組み入れか? メリット、デメリット、利用法を考える。 | 旅行総合研究所タビリス

 一応利点はあるようだ。

 拡大の背景には、ICカード・Suicaの普及があります。Suicaはシステム上、最短経路を選ぶしくみになっていますので、Suicaを導入するなら大都市近郊区間の拡大は欠かせない、とJRが判断していると思われます。利用者からすれば「新宿でSuicaで改札を抜け、特急券を買って松本まで乗り、降りることができたら便利」ということになりますから、利便性の向上といえなくもありません。

東京近郊区間がついに「松本」まで拡大。最後は「南小谷」も組み入れか? メリット、デメリット、利用法を考える。 | 旅行総合研究所タビリス

 松本まで行くのにSuicaなんて使わねーよ、むしろ下車駅改札でSuicaで出られないリスクを考えたら面倒でも切符買うよ、と思う。しかし、これだけICカードが発達すると、Suicaを使うのが当たり前で切符など買ったことがない人が、Suicaを使えない場所があることを知らないのかもしれないとも思う。

 私にとっては冒頭に書いた通り、単に途中下車ができなくなるという欠点しか感じないので、18きっぷやあずさ回数券を駆使して少しでも安く利便性の高い方法を探そうと思う。

関連記事
  1. 2016/07/22(金) 00:03:28|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<羽村駅東口「哲麺」あごだしラーメン | ホーム | 廃止されていたJRバス南アルプス号>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3394-b7f97487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)