島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

只見線の復旧についてのJR東日本と地元自治体の協議

 只見線の復旧についてJR東日本と地元自治体が協議しているそうだ。

 JR東日本は、豪雨災害のため2011年7月から不通となっている只見線の会津川口-只見間について、元通りに鉄道を再開させた場合は年間2億8000万円の経費がかかるとの試算をまとめた。沿線自治体が18日に福島県会津若松市で開いた会合で明らかにした。同社は経費が5300万円で済むバス路線に転換したい考えだが、自治体側は鉄道での復旧を求めている。

JR東、只見線復旧で年間経費提示=鉄道2.8億円、バス5300万円:時事ドットコム

 只見線は新潟の小出と会津若松を結ぶローカル線で只見川沿いの山奥を走る。会津鉄道と合わせて一度雪の季節にでも乗ってみたいなと思っていたが、いつの間にやら一部が不通となりバス代行運転になっていた。

↑橋のない本名ダム付近の只見線

 記事は鉄道では2億8000万円、バスでは5300万円と年間維持費を比較し、JRはバスへの転換を希望していると伝えている。山奥なので元々列車に乗る人は少ないのだろう。乗客が少ないから列車の本数を減らす、ますます乗客が減る、と悪循環に陥っていると予想する。モータリゼーションの波も乗客の減少に影響を及ぼしていると思う。

 レールさえ繋がっていれば、夏の渓谷、秋の紅葉、冬の積雪など観光客を呼び込む工夫もできようが、橋脚から流されているので簡単ではない。国土交通省の考えるコンパクト+ネットワークからすると沿線住民ごと会津若松近くまで引っ越すのが良いのかもしれない。しかし理屈はともあれ住み慣れた場所を離れるのが辛い人もいるだろうし、何とも難しいものである。

関連記事
  1. 2016/06/22(水) 00:30:51|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<現在の地形図では工場や桑畑の記号は使われていない | ホーム | 2015年の遭難事故件数が過去最多だった>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3360-0c0930aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)