島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

2015年の遭難事故件数が過去最多だった

 2015年の遭難事故件数が過去最多だったそうだ。

 昨年1年間に全国の山で遭難したのは3043人で、うち死者・行方不明者は335人に上り、いずれも統計の残る1961年以降最多となった。警察庁が16日発表した。高齢者が目立ち、遭難者の約半数、死者・行方不明者の約7割を60歳以上が占めた。同庁は「体力や経験に見合った山を選び、十分に下調べして安全な計画を立てて」と呼びかけている。

山の遭難3043人、死者・行方不明者も過去最多:朝日新聞デジタル

 毎週末どこかで誰かが遭難しているとすると、毎週60人くらいが遭難している計算になる。そう考えるとかなり多いと感じる。また、死者・行方不明者の割合が遭難者の1割程度にのぼるのも多いと思う。遭難者、死者・行方不明者に60歳以上が多いというのは、実際登山者に60歳前後の人が多いことから想像に難くない。

 これだけ警察や消防が出動していたら冬富士の登山禁止という話が持ち上がってくるのも仕方ないのかと思う。

 幸い、私はまだ捜索隊のお世話になったことはないが、無事下山できるように周到に準備して山に登ろうと思う。

関連記事
  1. 2016/06/21(火) 00:23:58|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<只見線の復旧についてのJR東日本と地元自治体の協議 | ホーム | WWDC2016でmacOS Sierraが発表された>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3359-0452e3b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)