島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

誰も分からぬご神体の正体

 神社のご神体がどうやら盗難にあったものの、それらしい神具がご神体か確認できないそうだ。

 宇都宮二荒山神社(宇都宮市馬場通り)でまつられる「ご神体」が所在不明になっていることが2日、栃木県警などへの取材で分かった。

 盗まれた可能性があるが、ご神体が何か神社は把握しておらず、被害届も出ていないという。

 県警によると、ご神体は唐櫃と呼ばれる容器に入れられて境内の末社でまつられていたが、先月2日、その末社が荒らされ、唐櫃の中身が空になっているのを同神社が発見した。同神社はお祓いに使う神具を唐櫃に入れ、末社にまつり直したという。

 15日夜には境内で絵馬を物色している男がいるとの通報を受け、宇都宮中央署員が駆けつけ、宇都宮市内の無職男(43)を窃盗容疑で緊急逮捕した。

 男の車内から、唐櫃と神具が見つかり、同署は今月1日、これらを盗んだ容疑で再逮捕した。男は「落ちていたから拾った」と容疑を否認している。

 これまでのところ、なくなったご神体は見つかっていない。捜査関係者によると、同神社は「ご神体は神聖なものなので、容器を開けて中を確認することはない」と説明しており、仮にご神体が見つかっても誰も把握できないという。

把握できぬ「ご神体」…所在不明でも被害届出ず : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 ちょっと長い記事だが、オンラインに載っている分を全て引用した。記事のタイトルを読んでも理解できず、内容も何度か読んで理解した。二荒山神社というから日光の二荒山神社は男体山がご神体じゃないの、と思い込んでいたことも解読しづらくした。たぶん、以下の流れだろう。

  1. 男が神社からご神体の神具を盗む
  2. 神社がご神体がなくなっていることに気づく
  3. 男が絵馬の窃盗容疑で逮捕される
  4. 男が唐櫃と神具を所持していることがわかる
  5. 警察が神社に、それらがご神体か確認するよう求める
  6. 神社は警察に、ご神体は誰も把握していないのでわからないと答える

 日本人は大事なことほど明らかにしない、と山本七平の著書にあったが、まさにその事例であろう。でも何年かに1回くらい埃を落としたり、磨いたりするために開けることはないのだろうか。仮に100年以上も触っていないとしたら、カビ生えたりしていそうだ。

 神社も被害届を出さないなら、この神具は誰のものになるのだろう。「落ちていたから拾った」ことが認められれば拾得物として逮捕された男性の物になるのだろうか。それとも盗品と認められれば裁判所が競売にかけるのだろうか。なんだか変な話だ。

関連記事
  1. 2016/06/07(火) 00:05:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<寡雪とクマの出没と渇水 | ホーム | スタバでドヤ顔で過ごす理由>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3346-ef1417a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)