山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

小学校で習う漢字に都道府県名に使用される漢字が追加

 小学校で習う漢字に都道府県名に使用される漢字を加えるそうだ。

 学習指導要領の改訂を進めている文部科学省の審議会は、小学校で学ぶ漢字に、熊本県の「熊」や岡山県の「岡」など都道府県名に使われている20字を新たに加える案を示しました。

「熊」や「岡」 小学校で学ぶ漢字 20字追加案 | NHKニュース

 このニュースの表題にあるような「熊」は一般名詞として使うし、「岡」は岡山以外にも地名や人名によく使う漢字だ。一方で「埼」とか「阜」って都道府県名でしか見たことがない。調べてみたら野島埼などの地名や丘阜(きゅうふ、小高い丘の意)などがあるようだ。

 と言っても現在の都道府県名が確立したのは120〜130年前くらいであり、廃藩置県のしばらく後は筑摩県とか二本松県とか金沢県とか今とは異なる名前があった。また、将来的に道州制が導入されたら都道府県名って優先順位が低くなるような気がする。

 その辺は柔軟に小学校で習う漢字から外したり加えたりするのだろうか。

関連記事
  1. 2016/05/23(月) 23:53:21|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「とうが立つ」という言葉 | ホーム | 奥多摩の本仁田山に登ってきた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3331-614fbf9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)