島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

アニメ「ジョーカー・ゲーム」が面白い

 アニメ「ジョーカー・ゲーム」が面白い。

 世界大戦の火種がくすぶる昭和12年秋、帝国陸軍の結城中佐によって、スパイ養成部門“D機関”が秘密裏に設立される。生え抜きの軍人を尊ぶ陸軍の風潮に反し、機関員として選ばれたのは、東京や京都といった一般の大学を卒業し、超人的な選抜試験を平然とくぐり抜けた若者たちだ。彼らは魔術師のごとき知略を持つ結城中佐のもと、爆薬や無電の扱い方、自動車や飛行機の操縦法はもちろん、スリや金庫破りの技に至るまで、スパイ活動に必要なありとあらゆる技術を身につけ、任地へと旅立っていく。

ジョーカー・ゲーム [最新話無料] - ニコニコチャンネル:アニメ

 陸軍や日本を取り巻く各国の思惑など、多くのステークホルダーが存在する中で、必要な情報を得て、自分たちに有利な方向へことを進ませるスパイたちの話。第1話のポーカーが象徴的なように、手札のできによらず、化かし合い、腹の探り合いのやり取りが面白い。

 舞台は日本にとどまらず第3話ではフランス、第4話では上海が出てくる。いずれも話のはじめの目的を後半でひっくり返すもので、ある枠組みで見ていたものが実は大きな枠組みの中で泳がされているというものであった。こういった入れ子の構造を思いつくのは純粋にすごいと思うが、ニコニコ動画でコメント付きでないと物語の構造がわからない。

 D機関は「陸軍中野学校」という実在の学校がモデルだそうだ。陸軍なのに非軍人から採用していたそうで、経験を重んじる日本のイメージとはかけ離れている。また、軍服を着用しない、本名を使わない、果ては天皇制の見方を議論にするなど、自由奔放しかし英才教育を行っていたというのは意外である。

 ちょっと信じがたいくらいだが、モデルを抜きにしても面白いアニメの内容である。

関連記事
  1. 2016/05/19(木) 00:02:06|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<富士吉田市の市長が冬富士の登山の禁止を提唱 | ホーム | 集合住宅の敷地にエゴノキが生えている>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3327-4ff64c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)