山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

奥多摩のたおやかな尾根を歩いたり店で昼飯を食べたりした夢

 昨日の晩はひどく眠くて11時に寝て7時に起きた。その分か夢の世界に没落していて、起きても頭がぼんやりとしていた。

 奥多摩かどこかの山を歩いていて、幅の広い尾根のようなところにいた。そこには廃屋となった山小屋が枯葉と土に埋まっていた。崖地がなく、歩いて沢に下ると沢は廊下状になっているものの、沢床は平らで舗装路のようであった。そのうち沢は道になって後ろからバスが走ってきた。

07nanatsuishi_22.jpg

↑奥多摩のたおやかな尾根(2007年春 - 奥多摩・七ツ石山赤指尾根

 開けたところに出ると、100m四方くらいの広場になっていてそこは駅前であった。夢の設定では羽田空港の整備場か何かの裏玄関ともいうべき駅であった。私はそこで一緒に昼飯を食べる人と待ち合わせをしていて、時刻は13時になっていた。中華屋で昼飯を食べていると、声をかけてくる人がいたが、名前を思い出せない。全然覚えていないが同じ会社の人のようだ。作業着に名前が書いてあったが、起きたらもう覚えていない。

 店を出てから横並びになっている店を見ながら歩く。店の前は広い駐車場になっていて歩きやすい。ドンキホーテがあってのでそこに入る。2階に上がる階段があり、そこに売り物の本が並んでいた。地形散歩の本があり、それを手にとってパラパラ見始めたところで目覚ましがなって起きた。

 深く寝ていたのかずいぶんとよく夢の内容を覚えていた。起きて箇条書きでメモ書きし、文章に起こした。取り立てて驚くようなことはないが、いつもの自分らしい行動であった。

関連記事
  1. 2016/04/14(木) 01:07:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<熊本県で震度7の地震が起こった | ホーム | 久しぶりにスパッツとカッパに穴を開けた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3299-2e008cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)