山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

国土地理院の3D地図がシームレスに動かせるようになった

 地理院地図3Dというオンラインで作成できる3D地図の続き。

 国土地理院の3D地図がシームレスに動かせるようになった。

 国土地理院のウェブ地図「地理院地図」で、3月14日(月)から、地形分類や災害情報などの情報を3D表示できるようになりました。

 3月29日(火)には、3D表示した情報をシームレスにご覧いただける地理院地図Globeの試験公開を予定しています。

「地理院地図」で地形分類や災害情報を3D表示 ~3D表示できる情報が増えました

 触ってみるとこれが面白い。

160403globe-gsi1.png

↑三宅島上空から見た富士山

 三宅島から富士山や南アルプスが見えたことがあるが、こうやって山座同定することができる。

160403globe-gsi2.png

↑馬場島上空から見た剱岳、ただし地名はMacOSプレビュー上で私が書き込んだ

 また、色別標高図で陰影をつけることができるため、山のおおむねの形を好きな方向から眺めることができ、山域研究に良い。

 他にもいろんなレイヤーがあるので、地図好きには眺めているだけで飽きないサービスである。

関連記事
  1. 2016/04/07(木) 00:10:39|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<りんな VS Wikipediaのしりとり対決 | ホーム | 東京都環境局の公開した「東京地中熱ポテンシャルマップ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3294-278e803f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)