島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

映画「スティーブ・ジョブズ」を見に行った

 映画「スティーブ・ジョブズ」を見に行った。

160213cinematwo.jpg

↑映画を見に行った立川シネマ2

160213stevejobs.jpg

↑映画「スティーブ・ジョブズ」のポスター

 ちょっとややこしいが、2013年に日本で公開された映画「スティーブ・ジョブズ」とは別の映画。ただ、先発の映画がある以上、比較して感想を述べる。

 今回見た2016年公開の映画「スティーブ・ジョブズ」はMacintosh、NeXT Cube、iMacの3つのコンピュータの発表直前にジョブズを訪れる人たちとの葛藤を描いた映画。ジョブズの立志伝というよりは、3つの発表の切り口でジョブズの抱える問題を表現していた。娘のリサを認知してほしいクリスアン、Apple IIスタッフへの謝辞を発表の中に込めてほしいウォズニアック、役員会で創業者ジョブズを追い出すことになった経緯を語るジョン・スカリーなど、ジョブズの公私を象徴する切り口で映画を形作っている。

 この辺の経緯は何となくわかっているつもりだが、事前に映画のSTORYを読んでいなかったからか、それぞれの発表のクライマックスとしている問いかけの答えはよく覚えていない。例えば、そして2分前、自ら連れてきた新CEOのスカリー(ジェフ・ダニエルズ)と舞台袖で交わした意外な会話とは−−?映画『スティーブ・ジョブズ』公式サイト STORYとか。なんか2人でビンテージもののワイン飲んでいたのしか覚えていない。実際に発表直前にそういうやりとりがあったとも思えない。

 切り口は面白いのだが、どこまでが真実かわからないし、短い時間のできごとに仕上げるためにドラマティックな要素を詰め込みすぎていると感じた。私はジョブズの映画というと、ジョブズの完璧すぎるプレゼンテーションを見たいと思ってしまうのだが、いくら演技のプロの役者がジョブズのプレゼンテーションを真似ても真似に過ぎない。プレゼンテーションの直前というのは斬新な切り口と言える。実際のプレゼンテーションをよく見て覚えている人ならもっと楽しめる構成になっているのだろうか。

関連記事
  1. 2016/02/13(土) 19:32:45|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<立川「煮干しらーめん青樹」こってり煮干しらーめん | ホーム | 楽園か巨人のところへ連れて行くという観光地図の夢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3236-1b4343a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)