島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

楽園か巨人のところへ連れて行くという観光地図の夢

 なにやら怖い夢を見た。

 つけ麺茹でていて、そこが実家の近くだったので、茹で上がった麺をおたまに乗せて歩いて実家まで運んで食べようと考えた。何度か麺を落っことしながらも麺はさほど汚れていなかったので、おたまに戻して運んでいた。

 家について、誰かが出前を取っているというので待つことにした。しかし、なぜか出前が来るのが怖いという話になり、私はつけだれを忘れたと言って家を去ることにした。

 団地を出て来た道を戻る。階段上がって民家みたいな家に入り、玄関で靴を脱ぐ。そのとき誰かが玄関で何かをしながら私を見ていた。右手の部屋へ入って左手のベッドに腰掛ける。

 ベッド向かいの化粧するための机みたいなところにエアリアマップみたいな観光地図があり、それを何気なく見る。そこには楽園?が知りたければ連れて行く、興味がなければ巨人のところへ連れて行くという伝説の地図があるという文章が書いてある。別の本にはその問い合わせ先に電話をかけてみた事例があったが、結果までは書いていないのか覚えていない。

 すごく眠くてベッドに横たわると、起きているような眠っているような状態であった。誰かが荷物を漁る様子に気づき、部屋の机のところに誰かいるような気がするが誰もいなかった。

 その辺りで怖くなって起きた。時刻は朝5時過ぎだったのだが、妙に恐怖心が募り、見た夢のメモを取ってまた寝た。

 楽園か巨人のところへ連れて行くという実際に恐怖の対象をいたわけではないのに、なにやら得体の知れない恐怖感を味わった。日常生活で恐怖を感じることもないので、こんな変な夢を見るのは全く理由がわからない。強いて日常生活に特徴を挙げるなら、恐怖や不安を感じるような状況でなかった、ということだけだ。無意識に恐怖を味わいたいのだろうか。できれば怖い思いはしないようにしたい。

関連記事
  1. 2016/02/12(金) 19:08:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<映画「スティーブ・ジョブズ」を見に行った | ホーム | 新座駅から光が丘まで都県境を歩いてきた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3235-de64cb07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)