島ノ中ニ有リblog

三宅島の生活をつづる

無積雪期黒部横断という記事

 山と渓谷2016年1月号を読んでいたら無積雪期黒部横断という記録 が載っていた。

 図書館で読んでいただけなので、詳細は覚えていないが、10月に2人で赤岩尾根…棒小屋沢下降…剣沢遡行…剣沢大滝登攀…長次郎谷…池ノ谷下降という内容であった。

 黒部横断というと、普通は積雪期に尾根筋をたどって登る。私も2010年5月に歩いている。

09tsurugi_009.jpg

2009年黒四ダム〜内蔵助平にて

 意外と沢筋をたどって横断できるのかと素直に驚いた。しかし、剣沢や池ノ谷など険しい谷をたどっており、難易度は高そうだ。棒小屋沢も難しいらしい。ただ、登りでは巻かざるをえないゴルジュを懸垂下降で突破できるため、核心部を見ることができたと前向きな感想があった。一方、遡行時期が真夏でなく、シュリンゲが凍っている写真や、池ノ谷の懸垂下降で15秒以上浸かっていたら死んでいたかも、といった言葉は恐ろしいと思う。もう少し暑い時期にたどればいいのに、10月ってもう水に浸かりたくない時期だ。

 剣沢大滝を織り込みながら、これだけの困難な沢をつないで歩くのはすごいと思う。

関連記事
  1. 2015/12/22(火) 22:49:11|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新宿歌舞伎町「東京豚骨らーめん」ばんかららーめん | ホーム | 流水はなぜ凍らないのだろう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3186-4baee7dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)