島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

市道横戸町23号線の仮囲いセットバック

 横戸台から勝田川の馬橋へ抜ける道沿いの仮囲いがセットバックした。

151115yokodocho23.jpg

↑仮囲いがセットバックした市道横戸町23号線予定箇所

 私が子供の頃から狭い道で、車が行き違うのに待ち合わせしないと通れない。私は高校から大学院までの9年間自転車で通い続けたが、車が行き違いしている間は自転車も待ち合わせの必要があった。また道幅が狭い分、車との接触が怖い道である。

 隣接する畑の一部を盛り土したり、森の木を伐採したりして、部分的に舗装していたが、依然として全体が開通していない。

 ちょっと調べてみたら市議さんの記事に経緯が書いてあった。

 この横戸町23号線については20年以上も前から千葉市に道路拡幅の要望が上がっていましたが、当初の計画線上に「村中持」の共有地があり、買収出来ないため長らく計画が止まっていた道路でした。

河村ひろあき活動レポート 2005.03.22 Vol. 12

 あんまり深く考えてもいなかったが、これを読んでああなるほどと合点がいった。「村中持」という言葉は初めて聞いたが、たぶん入会地みたいなものだろう。団地から出た先にある辻は「大正・昭和 東京周辺1万分1地形図集成 =京葉・京浜・多摩地区=」にも載っている交差点である。現地には「かしわいみち」「よことみち」などの刻銘のある石碑があり、庚申塔が並ぶ。街道と言えるほどではないにしても人の往来があり、その辻を村有地としているのは想像に難くない。

 仕事で多人数の共有名義の土地の拡幅に関わったことがあるが、どうすればいいのか全然分からず、正直私が関わった1年で事業は前進しなかった。やり方が分かったとしてもわかる限りの地権者に連絡を取る必要があると思うし、1年くらいで解決するとも思えない。千葉市も効果の上がりやすい他の事業から進めているのだろう。悩ましいもんである。

関連記事
  1. 2015/11/29(日) 00:07:09|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<横戸の四つ辻にある石碑 | ホーム | 鬼押出し園と白糸の滝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3164-35c57f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)