島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

土木用語に2つある「トレンチ」の意味

 土木用語に2つある「エプロン」の意味の関連。

「トレンチ」といってもエプロンと違って一般に使う人は少ないと思う。私の知っている「トレンチ」は以下の2つの意味を持つ。

  1. 軽量鋼矢板の現場での呼び方
  2. U型コルゲートなどでつくる排水溝

 一般にはどのような認識か調べてみた。

トレンチ trench
  1. 塹壕(ざんごう)。
  2. 考古学で,発掘溝。発掘地域内に適当な長さと幅をもった帯状の区画を設定し,その部分だけを掘り下げて調査する。
  3. トレンチ-コートの略。
Mac OS付属の辞書.app スーパー大辞林
090406genba_22.jpg

↑軽量鋼矢板の方のトレンチ。排水溝の方は適当な写真を見つけられなかった。

 たぶん、2に準ずる形で排水溝という意味があるのだろう。一方、「トレンチ 軽量鋼矢板」で調べても軽量鋼矢板の意味はどこから来たのかわからなかった。排水溝には矢板を使うことが多いのでトレンチと呼ぶのだろうか。でも同じ矢板でも鋼矢板はシートパイルと呼ぶし、U型コルゲートなども排水溝に使われる。何で軽量鋼矢板だけがトレンチと呼ばれるのかわからない。商品名なのだろうか。

関連記事
  1. 2015/10/30(金) 20:32:18|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赤石岳から聖岳まで縦走してきた | ホーム | モンティホール問題がやっと分かった>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3136-bbc58204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)