島ノ中ニ有リblog

三宅島の生活をつづる

若者たちがダイビングの記録映画を撮っている夢

 昨日、10時間くらい寝たのだが、明け方変な夢を見た。

 外国人の大学生くらいの若者たちが、ダイビングの記録映画を撮っている話である。私は幽霊みたいな立場で若者たちが行っている様子を遠くから眺めていた。海の底に沈んでいる工場のようなところを探索したもので、底に降りついたときに魚の人形のようなものがピョンと飛び出て浮かんで行った。

 次の場面はその撮った映像を以下にして売り込むか、という話をしているところで映画のタイトルを相談していた。若者たちの名前からそれぞれ一部をとってクラン・スピネルという作品の名前にするようだった。そのあと外部からやってきた3人組が「翻訳とか配給とか難しいことは任せろ」と商売に首をつっこんできていたが、若者たちは3人組に懐疑的であった。

140923katansaki_088.jpg

↑ダイビングのようす

 ちょっと調べて驚いたのは、「クラン・スピネル」がいまプレイしているドラクエ8のアイテムであったこと。街の人の言葉をあんまり真面目に読んでいなかったので、何の名前かちっとも分からなかったのだが、記憶のどこかには刻み込まれていたらしい。深層心理恐るべし。

 外国人の若者たちが相談して何かを決める様子はたぶんディアトロフ峠事件を調べて読んだから。ダイビングは何だかわからない。

 久しぶりにはっきりと覚えられる夢を見た。新しい単語まで覚えていたのは初めてかもしれない。

関連記事
  1. 2015/10/27(火) 00:29:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ディアトロフ峠事件という不気味な事件 | ホーム | 終物語を見ている>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3133-c39d9caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)