島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

SI単位系でキログラムの再定義が試みられている

 SI単位系でキログラムの再定義が試みられているようだ。

 科学と工学技術の向上が進むと、より正確な測定技術が必要となってくる。そして、測定値を支える標準単位は絶対に変更してはならない。パリ郊外の高セキュリティ保管庫には、126年間もの間、キログラムの定義を決めるための「国際キログラム原器」が保存されてきた。しかし、キログラム原器も洗浄で1億分の6程度軽くなったこともあり、高精度の測定が必要な先端科学の世界ではより正確で安定的な定義が求められていた。そのため、2018年にキログラムの再定義が行われる計画となったようだ。

人工物によって定義される最後のSI基本単位「キログラム」の再定義、2018年予定 | スラド サイエンス

 未だにSI単位系でキログラムがキログラム原器によって定義されていることが分からない。時間というよくわからないものですら定義されているのに、質量という身近な単位が定義されないのか分からない。molは定義されているようなので、炭素原子1molの1/12と定義すればよさそうなものだが、そうなっていないのは誤差の原因があるのだろう。プランク定数やアボガドロ定数を用いて定義しようと試みられているようだが、未だ定義に至っていない。なんだか不思議なものだ。

関連記事
  1. 2015/10/22(木) 00:42:15|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<横浜のマンション傾きに見る下請け構造の問題 | ホーム | アニメ「おそ松さん」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3129-77bb7f09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)