島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

化物語 第一話 ひたぎクラブ 其ノ壹、其ノ貮

 化物語 第一話 ひたぎクラブ 其ノ壹、其ノ貮を見た。

 ちょうどニコニコ動画で期間限定無料配信中だったので見てみた。

 シリーズがたくさんあって人気なんだろうけど、長いので取っつきにくいとも感じていた。題名からして怪異を扱ったものなのだろうと思っていたが、簡単に言えば憑き物落としだったのでその直感は当たっていた。重し蟹という話は知らないが、九州の話ということで勉強になった。あと、ひたぎクラブってclubじゃなくてcrabなのね。

 語り口が時系列に沿わず、戦場ヶ原ひたぎも隠し事ばかりで視聴者にはもやもやとするばかりであったが、最後には戦場ヶ原のその態度も理由があり、きれいにまとまっていた。この分かりにくい語り口は原作者のやり方なのだろうか、と思っていたが、作中本棚にドグラ・マグラが置いてあるのを見てすんなりと腑に落ちた。夢野久作「ドグラ・マグラ」もまた怪異を扱った小説であり、全部を通読してもいまいち概要が掴めない変わった小説だ。作中戦場ヶ原ひたぎ自身も好きな作家に夢野久作を挙げていた。

 ところで委員長の羽川翼が「ひたぎって土木関係の用語じゃなかったっけ」と語っていたが、私は「ひたぎ」と言う言葉を知らない。「たるき」だったらアウトリガーの下に引いたりグレーチングの隙間に詰めたりするけど。「ひた木」と書くなら建築っぽい気がするが、何なんだろう。

続き:化物語をつばさキャットまで見た

関連記事
  1. 2015/09/24(木) 23:39:40|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<信濃、越後、越中の三国境を決める話 - 柳田國男「日本の伝説」 | ホーム | 長野駅に登山客が多い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/3102-ce01bc55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)