島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

プチプチのおもてうら

 引越しの梱包作業をしながら、プチプチのおもてうらがわからず調べてみた。

 プチプチは凸凹どっちが表なのですか?

 被包装物や、包装後の使い方によって決まります。例えば、

  1. プリント基板などのように、凸凹のあるものを入れる場合は、プチを内側にすると引っ掛かり、破損する恐れがあるので、プチを外側にします。
  2. プチプチで包装後、箱に縦に詰めていくような場合は、プチが外側だと摩擦が生じ、作業能率が悪くなるので、プチを内側にします。
  3. 被包装物が①のように凸凹のあるもので、更に②のように箱詰めも必要な時のために3層品(両面平ら)なプチプチもあります。
  4. プチプチが外側じゃないとやだ!といった、単にお好みで使用して頂いても大丈夫です。

 このように、被包装物やお好みによって、使い方は多種多様です。いつでもぴったりの包装を当社の営業がご提案させて頂きます。

 なお、衝撃に対する緩衝性は「プチ外側」でも「プチ内側」でも同じです。

プチプチの川上産業株式会社

 プリント基板などを除けば決まりはないようだ。ただ、プチプチを外側にした荷物が積み重なると摩擦がかかってスライドしにくそうなのでプチプチを内側に配置して梱包作業を行った。決まりがないというのはちょっと意外だった。

関連記事
  1. 2015/03/27(金) 00:09:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「いや」という口ぐせ | ホーム | 「〜という形で」「〜する中で」>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/03/29(日) 15:25:15 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2930-ea082366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)