島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

バスで地下へ行ったり大路池へ下る夢

 長い夢を見た。

 大型バスに乗り込み、スキーに行くのか私は座席の窓際に長いスキー板を斜めに置いていた。隣には知らない女性が座り、やたらとかまってきて人の顔をベタベタ触ってくる。何か話しかけてきてはいたが、うっとおしくて相手にはしなかった。

 北へ向かうバスはどこかの鉄道駅のあたりで地下へ入り、コンクリートで囲まれた1車線の通路を突き当たりまで走って止まった。運転手さんは時間調整だと言っていたが、邪魔なスキー板をバスの荷物室に移してよいか聞くとダメだということだった。手持ちぶさたなのでみんな外に出て、私も外に出た。行き止まりと思っていた通路の先は人が1人歩けるくらいの幅の通路が伸びており、その先はどこかの鉄道の地下駅のホームであった。そこで西武鉄道がホームの改良をしているという(本当かどうか知らない)広告を見てへえと思った。

080804p-nihombashi.jpg

↑イメージとして地下鉄日本橋駅の通路

 気づくとバスに乗って島の山道を走っており、山から沢筋を下りだした。樹木はバスに引っかからず、急斜面を下っているのにひっくり返るような揺れはなかった。数分である程度下り着くと右手に大路池があり、左手に住宅地があった。実際の風景と異なるのだが、それに違和感はなく、湖畔の開けたところで降りた。そこの住民の人が子供と外にいて、何か話しをしたのだが、覚えていない。

 そのあと、現実に家のチャイムが押されて郵便屋さんが来たので起きた。

 これほど長く覚えている夢は久しぶりだ。最初の女性は私が欲求不満なのだろうか。鉄道が出てくるのは私の夢にはよくあることだ。地下に潜っていったり、実際と風景の異なる大路池のあたりを走ったりしているのはよくわからない。遠くへ行きたいという願望があるのか、三宅島でやり残したことがあるということなのか、なんなのだろう。

関連記事
  1. 2015/02/09(月) 00:15:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<第43回気象予報士試験の答え合わせ | ホーム | 三宅島の登山の記録を海岸歩きの記録といっしょにまとめた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2887-a8a94e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)