島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

第43回気象予報士試験を受けてきた

 気象予報士試験を受けようと勉強中の続き。

 気象予報士試験を受けてきた。

150125kishouyohoushi.jpg

↑第43回気象予報士試験問題。左から一般、専門、実技1、実技2。

 手応えは悪い。一般は11/15とれそうだが、専門は迷った2問の回答が試験後すぐ誤りに気付いた。実技1はすべて記入できず、「消長」に関する問題がまったくわからなかった。実技2はなんとか全部埋めたが、何とも言えない。そもそも一般、専門とも点数が取れていないと実技の採点もしてくれないので択一の得点次第である。

 試験会場には白髪交じりの男性が多く、退職後の趣味かなと思われる人がいる一方、女性も10人に1人くらいいた。気象予報士というとお天気キャスターのイメージが強いからだろうか。技術士は白髪交じりの男性ばかりだし、1級土木施工管理検定は工事現場の代理人風の男性が多いし、試験によって受験者が違うと感じた。

 終わってみると、試験勉強の必要がなくなり、生活に張り合いがなくなった感じだ。しかし、裏を返せばそれだけ勉強したということだろう。試験では全力出したので結果はどうあれ思い残すことはない。

続き:第43回気象予報士試験の答え合わせ

関連記事
  1. 2015/01/26(月) 20:20:07|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<四ツ谷から番町中央通りと代官町通りを通って秋葉原まで歩いた | ホーム | 伊ヶ谷の后神社を訪れた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2875-385cc4f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)