島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

パスネットの利用終了

 パスネットの利用が終了するそうだ。

 パスネット協議会は12月15日、磁気式の乗車カード「パスネット」の利用を来年3月末で終了すると発表した。払い戻しは2018年1月まで行う。

 2000年10月に鉄道会社をまたいで使える共通乗車カードとしてサービスを開始。07年に発売したICカード乗車券「PASMO」の普及に伴い、08年1月には販売を終了。同年3月に自動改札機での対応は終了していたが、その後もきっぷ購入やのりこし清算では利用できた。来年3月をもってすべての使用を終了する。

「パスネット」来年3月で使用終了 「PASMO」普及により - ITmedia ニュース

 私が大学生の頃に利用が始まったパスネットは各社多彩な絵柄があって私も集めていた。

150124pasnet1.jpg

↑京成のパスネット。上から導入記念、券売機の最も一般的だったもの、利用出来る範囲を示したもの。

150124pasnet2.jpg

↑京成の懐かしの車両シリーズ。3番だけ買いそびれた。

 定期券を使って大学まで通っていたものの、それ以外の区間に乗ることも多かったので、パスネットはいくら買っていても買いすぎということはなかった。特に丹沢の山に行くときには大岡山から往復2000円くらいかかっていたのでたくさん消費した。たくさん枚数がほしかったので1000円のものを多く買っていた。

 集めたパスネットは大学に通っていた経路上、京成と東急が多い。次いで都営地下鉄と営団地下鉄だろうか。東急のパスネットには外国人向けの英語が表記されたものがあったり、グループの伊豆急行の写真があったりさまざまであった。各社が競って特徴のあるパスネットを出していたように思う。

 人によっては未使用のパスネットを抱えている人もいるようだ。私はすべて使用済みなので価値はないが、こういう人たちはどうするのだろう。

 また、改札を通過する間に乗車駅と下車駅を印字するとか、2枚重ねて改札に入れると残額が少ない方をゼロ円にして足りない分をもう1枚から引くとか、ハイテクに驚いたものだ。2008年に販売終了とのことなので、もう5年くらいすると全く知らない人も増えてくるのだろう。これほどあっという間に普及してあっという間に廃れた技術は、ほかにビデオ予約のGコードくらいだろうか。

関連記事
  1. 2015/01/24(土) 18:52:39|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊ヶ谷の后神社を訪れた | ホーム | 「柳川堀割物語」という映画が面白そうだ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2873-bcb99c3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)