島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

絵本「ちいさいおうち」のあらすじ

 2005年ごろ読んでいた本で言及している絵本「ちいさいおうち」を実家で見つけたのであらすじを紹介する。

150104thelittlehouse_01.jpg

↑絵本「ちいさいおうち」表紙

150104thelittlehouse_02.jpg

↑本を開いたところ。海外作家にも関わらず「おはなしとえ ばーじにあ・ばーとん」とひらがなしか使われていないところに小さい子供向けとわかる。

150104thelittlehouse_03.jpg

↑「むかしむかし、ずっと いなかの しずかな ところに、ちいさい おうちが ありました」から始まる物語。

150104thelittlehouse_04.jpg

↑穏やかなところに建っていたちいさいおうちだが、読み進むにつれ都市化の波が押し寄せてくる。

150104thelittlehouse_05.jpg

↑やがて周囲にビルが建ち、

150104thelittlehouse_06.jpg

↑高層ビルに囲まれ、目の前を高架線や路面電車が走るようになる。

「まちに すむのは きらいだ」と、ちいさい おうちは おもいました。

 そして、よるに なると いなかの けしきを ゆめに みました。いなかでは、しろい ひなぎくや りんごの 木が、お月さまの ひかりの なかで おどって いました。

150104thelittlehouse_07.jpg

↑ちいさいおうちに住んでいた子孫がこのおうちを見つけ、曳家で移設を試みる。

150104thelittlehouse_08.jpg

↑新たな田舎を見つけてちいさいおうちはそこに移設される。

 ちいさい おうちは もう 二どと まちへ いきたいとは おもいませんでした。

 ちいさい おうちの うえで ほしが きらきら またたきます。みかづきも でました。

 いまは はるです…… いなかは たいへん しずかでした……

 という節で終わる。

 「きかんしゃやえもん」や「おさるのじょーじ」など他にも絵本はあったのに、この本が印象に残っているのは私が土木工学を専攻したことと関係が深い。というよりこの本を読んだから土木工学を学ぼうと思ったと言っても過言ではない。

 子供の頃この本の前半を読みながら大きな建物が建ち、太い道路ができ、鉄道が敷かれることはいいことだと思っていた。大きなものに憧れ、鉄道や車に興味を持つのは男の子には自然な考えだと思う。しかし終盤にいたり、ちいさいおうちがさびしがる様子をみて何とも言えない気持ちになった。高度な土地利用を追い求め便利さを追求することは果たして良いことなのか。ひいては合理化を推し進めることは正義なのか、モダニズムへの疑義が提示されていた。当時そんな難しいことは考えていないけれども都市化した中にたたずむちいさいおうちが幸せと感じられないのは確かであった。Civil Engineeringを土木工学と訳しているが、市民の幸せとは何なのか、土木工学者に投げかけるものは大きいと思う。

 手元にある本は岩波書店の昭和29年第1刷発行、昭和48年第19刷発行。原題は「The Little House」、著者はVirginia Lee Burton。原著がいつ発行かわからないが、20世紀前半の高度化する都市を見ながらこの絵本を書いたのだろうか。都市計画をテーマにした絵本なんてなかなかないだろうが、21世紀のいまも十分に訴えかけるテーマの本だと思う。

関連記事
  1. 2015/01/11(日) 23:22:07|
  2. 書評 - 科学・技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サクマ式ドロップスとサクマドロップスは別物 | ホーム | Mac OS X付属のgrapherで数学の式をコピーする方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2860-890d387e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)