島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

世間を騒がせた罪

 松島法務大臣が野党から指摘されているうちわの配布の問題で辞任するそうだ。

 それ自体は私はあんまり気にならない。少なくとも「これはうちわだ」「これはうちわじゃない」という公職選挙上の定義の問題を国会で議論し続けるのはあんまり国民の利得にならないと思うので、今後法務大臣がそういう雑事に巻き込まれなくなるという点で辞任はよい判断だと思う。

 ただちょっと気になったのはこの発言。

(記者)うちわの問題ですが、大臣は「討議資料」と説明していた。また、うちわについて「有価物ではない」ともしていたが、辞表を提出されたことで認識に違いが出てきたのか

松島氏「いいえ、まったく変わっていません。私自身、法に触れることをしたとは考えていません。とにかく、私の問題で国政を停滞させてはいけない。その思いで法務大臣を辞職することに致しました」

松島法相辞任会見(1)「国政に遅滞をもたらし、国民のみなさまにご迷惑を…大変申し訳ない」:イザ!

 松島大臣は「法に触れることをしたとは考えて」いないそうだ。それならば大臣を辞めることはないではないか。ではなぜ大臣をやめるのかというと「私の問題で国政を停滞させてはいけない」から。すると国会で野党から追求されないならば、大臣の職務を続けるというようにもとれる。その行為が許されるか否かは本人や野党や国民が決める話ではない。政治倫理審査会とか裁判とかで決める話であって、そのような手続きを行なえばよいだろう。本人が法に触れていないというなら、結論が出るまでは職務を続けてもいいと思う。

 松島大臣はこのところのわたくしの言動によって、国政に遅滞をもたらし、国民のみなさまにご迷惑をおかけする事態を招き、大変申し訳なく思っておりますという発言もしている。似たような表現として「世間をお騒がせして申し訳ない」という言葉も政治家の記者会見などで聞く。これも「私は悪いことをしたと思っていないけど、みんなが騒ぐから謝るよ」という意味を感じる。これも悪いことをしていないならば、謝る必要はないし、もし悪いことをしているならば問題を世間に責任転嫁しているように見える。

 日本人には世間体という概念があり、世間に恥じないように生きるという道徳観念がある。だから、世間を騒がせることは恥なのだが、それは家族などの身内で恥と思うことであり、他人に対して申し訳ないというのは筋違いだと思う。他人に対しては行なったことを謝るのが道理だと思う。

 凡人には分からないが、野党やマスコミを騒がせることが罪である、という永田町の論理があるのかもしれない。

関連記事
  1. 2014/10/21(火) 00:52:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MacOSX 10.10 Yosemiteをインストール | ホーム | モーニングと名古屋城と味噌カツと熱田神宮>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2777-3c667c03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)