島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

半年だけ現れるオーストリアの湖グリーンレイク

 テレビを見ていたら毎年半年だけ現れる湖が紹介されていた。

 オーストリア・トラギス村にあるというグリーンレイクは、周辺の他の湖に比べて水温が低く、湖の中には樹木や草、花が咲いているだけでなく、ベンチや木橋、小道など人工物もある。この不思議な湖はアルプスの雪解け水でできる一時的な湖で、夏には満ち冬には涸れるそうだ。

 山の中にあり、5℃という冷たい水温とテレビでは流していたが、ダイバーには人気らしい。透明度が高く、水中にあるはずのない陸上のものが水底に見られるようすはほかにないからだそうだ。確かにそのとおりだし、逆にそんな水に沈むところによく人工物を置くなと思う。でも夏には最大水深12mにもなる湖が冬にはなくなってしまうなんて面白いと思う。

関連記事
  1. 2014/08/07(木) 22:52:25|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<御蔵島の照葉樹林と平清水川 | ホーム | 御蔵島黒崎高尾の海蝕断崖を登ろうとした記録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2696-263bcf07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)