島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

理化学研究所によるSTAP細胞の検証実験はあまり意味がないと思う

 理化学研究所がSTAP細胞の存在を検証するそうだ。

 理化学研究所は15日、研究成果が白紙に戻った「STAP細胞」について、小保方晴子ユニットリーダーが参加し、細胞の存在を検証する実験に使う実験室の画像を公開した。

天井にカメラ、入退室も記録 STAP検証実験室を公開:朝日新聞デジタル

 こんなことは私はあまり意味がないと思っている。

 STAP細胞が存在すると主張する小保方氏、STAP細胞が再現できないと主張する追試者たちの2つの立場がある。STAP細胞が存在すると主張する小保方氏がSTAP細胞を作ればよいのであって、追試者たちは何もする必要がない。追試者がSTAP細胞が存在しないことを証明するのは悪魔の証明であり、そんなことに税金と時間を費やすのは無駄である。小保方氏が主張通りにSTAP細胞を作ればそれで終わりである。

 もっと言えば小保方氏は理研に頼る必要もなく、自らの主張を認めてくれる人に研究環境を整えてもらえばよい。理研も検証実験を行なう必要がない。再現できなかった場合、壁紙が黄色くないとか割烹着でないととか冷蔵庫にムーミンのマグネットを置かないととか言われて、直接関係のない事柄で否定されればお互いの主張は変わらない。

 例えるならばネッシーがいるかいないかみたいなものである。ネッシー存在派の人はネッシーの存在を証明すればよい。ネッシー否定派の人は存在派の提出した資料を精査してそれがネッシーであるかどうかを確かめればよい。

 無論、小保方氏が誰も会得していない超絶技巧でSTAP細胞を作る可能性はある。しかし、それをていねいに説明しないのは小保方氏の過失であるし、再現に必要な環境を整えるべきなのは小保方氏であると思う。

 関連:

関連記事
  1. 2014/07/18(金) 00:04:15|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<三宅島に強い雨が降っている | ホーム | 早稲田大学が小保方氏の博士号を取り消さないことを発表した>>

コメント

本当に助けてくれる人ってやっぱりいるんですね!

いつもはこんなことしないんですけど、我慢できなくなりました。
どんなに生活しても豊かな生活にならなかったんです。
でも、衝撃的なものを知りました。
ただでお金をもらえてしまって…本当にいい人に出会ってしまいました。
すぐにお金持ちになれる方法あります。
本当に助かりたい人だけに教えます。
emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
メールもらえたらすぐに返事出しますからね。
  1. 2014/07/18(金) 04:44:01 |
  2. URL |
  3. 山脇絢華 #27Yb112I
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2674-81f4f3e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)