島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

ずいぶん火口に近づけるヴォルカーノ島

 TBS「THE 世界遺産 2014年7月6日放送 エオリエ諸島」を見た。

 見たといっても最後のヴォルカーノ島だけなのだが、うまい具合に火山を観光に活用しているようであった。50年に1度噴火している、しかしここ100年噴火がないというちょっと気になる火山である。火口の径は500mと大きいものの三宅島雄山2000年カルデラの700mに比べると小さい。画像を見ると、山頂はなだらかな丘でぐるりと一周する道もついているようだ。あちこちから噴煙が立ち上り、その穴には硫黄の結晶が見られる。強い硫黄の臭いがするとナレーションがあったが、硫化水素だろうか。そんな中を観光客が平然と歩いているのを見ると、ちょっと怖く感じる。労働安全衛生法的に。

 火山観光は防災学習の入口として適していると思うので、このように観光客が火山を見やすい歩道などの施設を作るのはよいと思う。

関連記事
  1. 2014/07/08(火) 23:23:41|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<料理教室で周りの人に疎まれた夢 | ホーム | チーズでチーズケーキを作った>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2662-5ee69e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)