島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

ニュージーランドのブルーレイクの透明度が高いらしい

 ネットを見ていたら「ニュージーランドの湖の透明度が凄いと海外掲示板で話題に」という記事を見つけた。

 ちょっと調べてみると、南島のネルソンにあるみたいだ。

 ブルーレイク(マオリ語でロトマイレウェヌア)は、ニュージーランドサザンアルプスの北端、ネルソン湖国立公園にある小さな淡水湖である。国立大気水圏研究所の研究者たちが2011年に行なった調査で、この湖は透明度が80mに達することが分かった。これは蒸留水とほぼ同等の透明度である。ブルーレイクの透明度はゴールデンベイのテ・ワイコロププ泉の63mを越える。

Blue Lake, Nelson, New Zealand - The Clearest Lake in the World | Amusing Planet

 Abel Tasman Coast Trackに行ったとき、ネルソンの街を拠点としたが、まったく聞いたことがない。

 地図を見ると、周囲は山に囲まれたU字谷みたいな地形で、流出する川はあるものの、流入する川はないように見える。南にコンスタンス湖という大きな湖があるが、表流水が流れているようには見えない。摩周湖と似た環境にあると思う。近所に道が見当たらないが、1週間くらい歩いて到達するのだろうか。槙有恒のころの登山のようだ。

関連記事
  1. 2014/06/04(水) 00:19:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Apple Worksで作成したドロー書類をMicrosoft Word形式で保存する方法 | ホーム | 平均年収2,500万の奇跡の村、実は外国人研修生(奴隷)をフル活用してたという記事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2629-93cf5384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)