島ノ中ニ有リblog

三宅島の生活をつづる

ビョークの家の立地が素晴らしすぎる

 ネットを見ていたら、ビョークの家の立地が素晴らしすぎるという記事を見かけた。

 アイスランドのヴェストマン諸島の島らしいのだが、美しい曲線で形作られた島の表面、一方で浸食が激しそうな周囲の崖と何やらゲームのCGに出てきそうな地形である。

 毎度、インフラのことを考えてしまうが、人の行き来はどうしているのだろう。ヘリコプターで往復しているのだろうか。また、家を建てるときは資材が多いので船を使っていると思うが、港は見えないところにあるのだろうか。さらには真水をどうやって手に入れているのだろうかとか家の周りに踏み跡すらないとかいろいろ気になる家である。ある意味、インテリアカタログの家のように生活感が感じられない。でも芸術としてこの家はすばらしいと思う。

関連記事
  1. 2014/05/17(土) 20:23:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<熟した桑の実と夕暮れの神津島 | ホーム | 三本岳子安根に登ったリポビタンDのCM>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2612-26e0d2f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)