島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

書籍の再販制度が古く感じる

 書籍の再販制度について調べてみた。

 書籍はいつでもどこでも同じ価格で値引きすることも高騰することもないのは不思議に思っていた。再販制度という制度で価格が決められているというのは知っていたが、この再販制度が何なのか分かっていなかった。

 ちょっと調べてみると一般社団法人日本書籍出版協会という法人のサイトを見つけた。

Q. なぜ出版物に再販制度が必要なのでしょうか?

A. 出版物には一般商品と著しく異なる特性があります。

  1. 個々の出版物が他にとってかわることのできない内容をもち、
  2. 種類がきわめて多く(現在流通している書籍は約60万点)、
  3. 新刊発行点数も膨大(新刊書籍だけで、年間約65、000点)、などです。

 このような特性をもつ出版物を読者の皆さんにお届けする最良の方法は、書店での陳列販売です。書店での立ち読み風景に見られるように、出版物は読者が手に取って見てから購入されることが多いのはご存知のとおりです。再販制度によって価格が安定しているからこそこう したことが可能になるのです。

Q. 再販制度がなくなればどうなるのでしょうか?

A. 読者の皆さんが不利益を受けることになります。

  1. 本の種類が少なくなり、
  2. 本の内容が偏り、
  3. 価格が高くなり、
  4. 遠隔地は都市部より本の価格が上昇し、
  5. 町の本屋さんが減る、という事態になります。

 再販制度がなくなって安売り競争が行なわれるようになると、書店が仕入れる出版物は売行き予測の立てやすいベストセラーものに偏りがちになり、みせかけの価格が高くなります。また、専門書や個性的な出版物を仕入れることのできる書店が今よりも大幅に減少します。

再販制度 | 一般社団法人 日本書籍出版協会

 これを読むと、消費者の購入スタイルの変化に追いついていないように感じた。出版物が一般商品と著しく異なる特性として挙げられている項目はウェブページやblogでも十分兼ねられるものである。再販制度がなくなっても電子書籍が一般化すれば種類や値段の問題は解決する。というか、再販制度がある現在においてもベストセラーは売り上げを伸ばすが、売れない本は売れないという傾向は強いように感じる。また、再販制度があっても町の本屋さんが減っていっていると思う。それにはAmazonなどネット販売が一般化しているためだと思う。

 市場原理に任せてまずい理由がよく分からない。すでに古本市場というものがあり、絶版など希少な古本は高く、ベストセラーで売却されることが多い本は安い。出版・販売方法が多様化する現在において再販制度が保たれているのは誰かの既得権益の確保なのかなと邪推してしまう。

関連記事
  1. 2014/02/25(火) 07:45:12|
  2. 書評 - その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<抹茶ラテがうまい | ホーム | 環状林道を伊ヶ谷林道から三ノ宮林道まで走った>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2517-caa30f7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)