島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

勝田台-スポーツセンター路線に千葉内陸バスが参入している

 勝田台-スポーツセンター路線に千葉内陸バスが参入している。

 もともと京成バスの路線であったが、調べてみると、2013年6月から千葉内陸バスが共同運行しているようだ。共同運行って何が利点なのかよく分からない。京成バスのグループ会社も10社以上あるみたいだが、分社化する利点もよく分からない。

140211chibanairiku-bus.jpg

↑勝田台駅のバス停に停まる千葉内陸バス

 今回初めて乗ったのだが、京成バスと違って始発でも乗車時にPASMOをかざさないと降車時にエラーが出る。京成バスの場合は、降車時にPASMOをかざせば、勝手にそのバス停までの最長区間の運賃を引くのだが、千葉内陸バスにはその機能はないらしい。一つ前のバス停で降りた人もひっかかっていた。同じ会社がPASMOの機械を作っているだろうに、なぜ設定が違うのだろう。

関連記事
  1. 2014/02/11(火) 22:09:24|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雪で真っ白になった畑 | ホーム | 放射第3号線目黒通りの拡幅・電線地中化完了を見てきた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2500-df15660a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)