島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

相手の反応を過剰に期待する既読スルー

 ネットを見ていたら既読スルーに関する記事があった。

 ついつい気にしてしまう人も多いLINEの「既読スルー」。以前「女性がLINEの「既読スルー」を極度に嫌がる理由」で、女性がもっとも恐れることは、怒鳴りつけたり嫌味を言われるよりも、相手との関係性を断つ「無視」であるとご紹介しました。だから、既読スルーを極度に嫌がる人が多い、というわけですね。

「女性のLINEのここが嫌!」ネットだからいえる男のホンネ大暴露 | ニコニコニュース

 私自身はスマホを持っていないのでLINEを使ったこともないし、そんなことに煩わされることもない。しかし、SNSではありがちな問題だし、ネットワークでは前からある現象ではないだろうか。2000年ごろはウェブページにカウンターをつけてキリ番とったら報告を、みたいなサイトが多くあった。

 グループウェアのLotus Notesでも受信者がメールを開いたことを送信者に知らせる「受信確認」というオプションがある。Lotus Notesの使用経験からすると、送信者が受信した、と分かったとたん、電話がかかってきて「メール読んだでしょ」と内容説明をされることがある。こちらの都合関係なしなので、「受信確認」機能を使う人のメールは開くことをちゅうちょしてしまう。これは送信者にとっては便利だが結果的に利便性を下げているような気がする。

 根底には相手に対する過度な期待があるような気がする。LINEであれば「私の書き込みを読んだのだから、何か返事するのが礼儀(?)でしょ」、キリ番なら「私の作品を鑑賞したのだから、当然何らかの感想を抱くでしょ」という期待である。そしてその期待は相手とつながりたいというSNSの趣旨を相手に強引に押し付けた結果のような気がする。

 ひるがえってこのblogは何なの、blogだってSNSの一種でしょ、あなたは相手に何を期待しているのと言われると、私はblogを使って人とつながりたいというわけでもない。知らない人との付き合いは煩わしいと感じるたちなので、積極的に連絡を取り合いたいとは思わない。じゃあ何のためにblog書いているの、というと、ことのはじまりが「山行記録置き場の跡地」なので、何のためかと問われても何とも答えにくい。

 しいてあげるなら自己顕示欲である。自己顕示欲だが、承認欲求はたいしてもっていないため、ただ書いているだけ、感想は求めない、という態度である。だからFaceBookやLINEみたいなSNSは積極的に使いたいと思わない。たぶん人に迷惑をかけているとは思わないのでこれがちょうどいいだろう。

関連記事
  1. 2014/02/10(月) 01:28:47|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<第17回文化庁メディア芸術祭を見に行った | ホーム | 今日も雪かきだけで家を出なかった>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/02/14(金) 21:14:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2495-756d46c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)