島ノ中ニ有リblog

三宅島の生活をつづる

JR東による東京駅ー羽田空港路線整備検討の記事

 2020年の東京五輪・パラリンピック開催をにらみ、JR東日本が、東京都心と羽田空港を結ぶ新しい鉄道路線の整備を検討していることが分かった。

 山手線の田町駅付近と、羽田がある湾岸地区を結ぶ東海道貨物線(現在は休止中)を活用する案が有力だ。空港ターミナル地下に駅を新設し、トンネルで直結させることを検討している。

都心と羽田結ぶ新路線…五輪にらみJR東が検討 : 東京五輪2020 : 五輪 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
131110hanedashinsen.jpg

↑朝刊に載っていたルート図

 という記事が今朝の朝刊に載っていた。

 ルートは田町から大井埠頭にある貨物ターミナル駅までの路線を使うようだ。これを使えば半分くらいは線路を新設しなくて済む。

 東京モノレールがJR東の傘下に入っているので、競合路線の新設は意外だ。これまでモノレールに空港快速を新設したり、1時間15本を宣伝したりと羽田空港で見ていると京急に対抗しようと力を入れているのが見えていたので、モノレールがないがしろにされてしまいそうだ。

 また、国交省が調査している都営浅草線の東京駅経由の短絡線との競合も気になるところである。JR、浅草線いずれかがあれば東京駅から羽田空港へ直通する列車は足りるので、オリンピック・パラリンピックとはいえ過大な社会資本投資になりそうな気がする。

関連記事
  1. 2013/11/10(日) 13:13:33|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「つくられた江戸城と日比谷公園の地形」を見られなかった | ホーム | 夜行列車が減少する理由>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2394-324c42ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)